Jubilove!

「サッカーみるみる」ジュビロ磐田応援日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
カミンスキー選手はすごいぞ(栃木戦)
rps20150401_205707.jpg
ものすごーくひっさびさにヤマハスタジアムへ行ったよ!
明治安田生命リーグ。
仕事後、平日夕方に駆け付けると、そこには美しいピッチが広がっていた。
やっぱいいなあ、ヤマハスタジアムは。
rps20150401_182028.jpg
試合内容はアダイウトン選手のビューティフル・ヘッドでうれしい先制点GETの後、いやな均衡が続いた。
何度かヒヤリとさせられたが、栃木の攻撃の精度の低さに助けられた。
シュートまでもっていかれるけど、枠をそれてくれた!みたいな。

栃木はクリアのとき、鹿島がJ1でよくやってたみたいに味方につなげる(*)のではなく、すぐライン外に蹴り出すみたいなのも目立っていた。
バカ蹴りクリアもセーフティ第一ではアリなんだが、蹴り出すたびに磐田ボールになってくれるから、そこはやりやすかったのではないだろうか(なんとなく)。

ただ、栃木のタテに速くて鋭い攻撃は脅威で、ラストの精度上がったら心底恐ろしいと思った。
rps20150401_212758.jpg
途中出場の中村選手とアダイウトン選手も矢継ぎ早に決めてくれて、スタはお祭り状態。
アウェイには申し訳ないが、無失点もうれしい。

(*)この日、最も驚いたのはカミンスキーGKの高い能力。
精度あるフィード、果敢な飛び出し、着実なキャッチなど技術の高いセービング、そのプレーのしなやかさは往年の川口能活選手がデカくなって帰って来たかのようだった。
ピンチからチャンスを作り出す、すばらしいプレーの宝庫だった。
彼はまさしくJ1、いやそれ以上のステージに値する選手だろう。でも強奪はいやよ。

そして、アダイウトン選手にも目をみはった。
ここ一番でのゴール能力に加え、献身的な走りと守備。
まるで、ジウソンがデカくなって帰ってきたかのようだった。
日本のサッカーにも合うプレースタイルで、これから伸びそうな選手だ。でも強奪はいやよ。

外国人選手ばかり褒めたが、名波監督率いる今期のジュビロは日本人選手もよくまとまっているようで、雰囲気のいいのが見てとれて楽しかった。
まだ未完成なチームではあるが、一歩一歩勝利に向けて進んでいってほしいと思う。
そしてぜひ、今度はボッさんも見たいぞ!!(次にいつスタ行けるかわからないけれど…)


23:42 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
【蹴球】ジュビロ、悔しいドロー
rps20140531_164124.jpg
日本代表に選出された伊野波選手と、山田選手を欠いたこの試合、前節出場できなかった駒野選手こそ出たものの、先制され苦しい展開に。

やはり、まだまだ『誰が出てもジュビロ』の域は遠い。
そろそろ折り返し、ここでチーム力を底上げしなければ、昇格は困難だろう。

しかし、今日の磐田は低調だった。
高年齢の選手が苦しげなのは想定内だったが、若い衆まで動けないとは…。

運動量と連携などチーム力において、岡山に負けていたと感じる。
惜しいシーンも多かったが、危ないシーンもたくさんあった。

残念なことだが、勝てない悔しさと同時に、負けなくて良かったとも思う。

本日、磐田が低パフォーマンスだったのは、初夏の日中開催という気候条件もあったかもしれない。
これでは、夏が怖い。

夏場の連戦では、毎年必ずどこかが調子を崩す。
それがジュビロでないことを、心から祈りたい。
16:59 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
『蹴球』2位3位直接対決、V・ファーレン長崎戦
rps20140503_224246.jpg
ひっさびさのサッカー生観戦んんん!
GWかつ好天に恵まれ、試合直前にスタに着くと自由席はもういっぱい。
それゆえアウェー寄りのバクスタで、ひっそり観戦することに。

このところ連勝できているが、守備が相変わらずアブなっかしい印象のジュビロ磐田さん…。
しかし、今日の守備陣はよく耐え、持ちこたえてくれた。
八田GKは、あわやポロリもあったものの、二度の被決定機を防ぐ好守ぶり。
これでフィードが前田選手に合うようになれば…。

長崎はすごくタイトでコンパクトなチームで、組織の錬成度は明らかに磐田よりも上だったと思う。
磐田はそこを、個で勝った。
この個々を、いかに連動する組織、チームにしていくかは監督とコーチ陣にまかされているわけだ。

磐田の苦手な『ちょっぱや縦ポン攻撃』が終盤のみで、とっても助かったのは言うまでもない。
AT猛攻は長崎のお家芸と言われていたらしい、と後で知った。

たのもしさ倍増で、去年よりずっと伊野波選手のことが好きになった私であった。
まずは一つ一つ、堅実に着実に勝ち続けていくこと。
そうすれば、未来はおぼろげに見えてくるはずだ。




22:56 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
VSザスパクサツ群馬
ザスパの試合を見るのは、久しぶりのことだ。
バンダイさんがいたころ東京出張がてら見に行った東京V戦以来だから、何年ぶりになるのだろうか…。

ジュビロ磐田ゆかりの選手としては、ファン ソンス選手がザスパにいる。
正直なところ、成長した彼を見守るほどのゆとりは磐田にはない。
だが、せめて気持ちをと多くのサポーターがソンス選手を拍手で迎えた。
私ももちろん、その一人だ。

試合はたいへんストレスフルなものだった。
激しい前線からのプレスとスライディングに苦しむ磐田は攻めあぐねる。

後半は磐田も相手を前線から追まわしてミスを誘い、チャンスをGET。
FKからポポ選手の今季公式戦初ゴールが生まれる。

まだだ、まだ。
一点差では不安だ。心配だ。

すると、ゴール前でのパスワークからペク選手の今季初ゴールにして、二点目が生まれる。
その後は巧く省エネ的に時間を使い、ホームで勝利を得た。

交代選手が機能したり、前半と後半で修正できるのはシャムスカ監督の手腕なのだろう。
山崎選手と伊野波選手の怪我が軽いよう祈らずにはいられない。

『きょうの三行』
・ガヤさんスーパーセーブ
・でも相手の北GKも2回ほどスーパーセーブ
・客席のローサ、見逃す


ザスパは組織だったいいチームだった。
怪我で戦列を離れているというエースが戻ってくれば、より手ごわくなるだろう。

rps20140405_211052.jpg
いつもはスタの写真を撮るのだけれど。
rps20140405_211010.jpg
ピンボケしていたので、今回は磐田の誇るゆるキャラ「しっぺい」をはっておく。
rps20140405_210930.jpg
可愛い顔してキッチュな赤フンがほんと似合ってるなあ。

23:28 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
3-3、アビスパ福岡戦
rps20140322_183024.jpg
負けこそはしなかったものの、心の折れそうな試合内容だった。

4バックの半分にあたるレギュラー二人を欠き、緊急布陣で臨んだ試合は、前半の前半こそは楽勝に思えた。

ノリノリな山崎選手による先制ゴールと、前田選手のPKでリードしたものの、前半の終わりは押されまくり、ついに1点を返されてしまう。

後半、交代なしで試合が再開されたときは、思わず目を疑った。
防戦一方だったのに、同じメンバーでいくのか?

案の定、鋭いカウンターにこらえきれず、失点を重ね、同点になってしまう。
交代で入った阿部選手が勝ち越すが、直後同点になり、結局3-3で試合終了。

攻撃はある程度機能したが、ジュビロのストロングポイントを消された試合だった。すなわち強い「個」、ボールホルダーを3人で囲んで奪うというお約束ができているのだ。

今日はとりあえず攻撃は及第点だったかもしれない。
だが、守備は明らかに問題だ。
J2の仕様、J1よりも速く鋭いカウンター攻撃に対処できなければ、昇格はないだろう。


21:34 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
J2の洗礼。
rps20140302_174728.jpg
経験のある選手と監督を連れて来て、現役代表もいるし強いかも?

…というサポーターの期待を粉砕するような、リアル。

まとめると、
・J2アタリ強い(その割に、ファールとってもらえない)
・磐田はカウンター苦手(するのも、されるのも)
・攻撃に精度なさすぎ(去年ウンザリするほど見た光景)

悠長で夢見がちなサッカーじゃなく、今の磐田がやるべきなのは、札幌がしてたサッカーでしょ。

球ぎわ厳しく、体をはって守備、決めるべきところはキッチリ決めて、あと守りきる。

チームとして現実的なサッカーしていかないと、きついよ。



17:55 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
最終節、大分戦は久々の勝利。
この日は快晴、風は強いがサッカー日和であった。
rps20131207_220811.jpg
川口能活GKが帰って来た!
これはもう勝つしかない。
rps20131207_220838.jpg
大分も降格が決まっていたため、来季J2ダービーとなった。
前半は磐田より少ないチャンスをものにした大分が先制。
というより、うちがシュート外しすぎ。
ラフな攻撃でチャンスを逃しまくっているうちに、ストンとやられるのも、今年何度もリピートで見てしまった光景だった。

だが、前半のうちに山本脩(後に山崎選手のゴールと訂正)選手が勢いある得点を決め、試合はふりだしに。
後半は大分の元気がなくなり、磐田のゲームとなった。
来季はお互い選手が入れ替わるだろうが、ともにJ2で戦うチーム。
サポ同士エールでもあるかな?と思ったけれど、確認できたのは大分サポーターさんの応援ダンマクのみ。
(磐田側からもあったかもしれないが、ゴール裏からは自陣のダンマクが見えないのでわからず)
少し寂しい、黄昏た最終戦となった。

この日は早めにスタに着いたため、磐田名産エビイモ入り芋煮や葛湯、びっくりするほど甘い三ヶ日みかんなどの来場者プレゼントを楽しむことができた。

まあとにかく、早く監督とか体制決まってほしいよな〜と思いつつ、我々は帰路についたのであった…。



23:27 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
ベガルタ仙台戦、ドロー
rps20131005_182422.jpg
怪我人続出で、厳しい台所事情の磐田。
気合い入りまくりで、前半はポストの活躍もありピンチをよくしのいだ。

しかし、チャンスを逃し続けて攻め疲れたところをアッサリやられるのも、いつもの磐田。

後半、ミチ選手の強気なキープからチャンスが生まれ、前田さんがようやくゴールするも、1-1のドローにとどまった。

残念だが攻撃に精細を欠き、守備はもろくて、今の磐田は弱い。この勝ち点もむべなるかなである。
シーズン終了時、強化部の責任を問わねばならないだろう。

しかし、今日に限らず審判が酷い。
真に危険なファールはとらず、負傷者がピッチに横たわっていても流し続けるとは、猛省を促したい。

後ろから削られた山本康選手が心配だし、敵ながら、スライディングを受けて傷んだウィルソン選手も気になる。

主審は試合を裁けていなかった。


18:35 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
鹿島アントラーズ戦、敗戦
rps20130921_164300.jpg
昔はクラシコとも呼ばれた磐田VS鹿島だが、前半から一方的な展開。

ボールを確実に力強くまわす鹿島に翻弄され、開始早々失点を喫する。
そのあと、いつものように攻めあぐねているうちにボールを奪われ、シュートを食らう…その繰り返し。

鹿島はチームで戦っていた。磐田は頑張っていたが、個々の力でしかなく、チームとして連動して戦うことはできなかった。

結果としては2ー3、接戦に見えるが、2点を奪えたのは磐田の遅い交代が実ったことと、0ー3の展開で鹿島イレブンがゆるんだこともあった。ともあれ、チーム力や完成度には相当の差があった。

カルリーニョス選手のあのシュートが入っていれば…スタメンの配置が違っていれば…後半頭から、機能しない布陣を変更していたら…。思うことはたくさんあるが、たらればは虚しいだけだ。

このチームは美しく死ぬのだろうか。もっと泥臭く戦って、生き延びてもらいたかった。

今はとても残念な気持ちである…。



16:56 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
『蹴球』天皇杯、VS サウルコス福井
rps20130907_124624.jpg

ヤマハスタジアムは快晴、ただ新生ゴール裏は日陰で涼しかった。
ピッチの暑さはいかばかりであっただろう…

この日、ジュビロ磐田はリーグ戦のスタメンから3人ほど入れ替えただけのガチメンでサウルコス福井を迎えた。
このサウルコスがいいチームで、ラフプレーはないし、ドン引かずにがっぷり組み合ってくれるため、試合はがぜん面白くなった。

・惜しくもゴールにはならなかったが、カルリーニョス選手美しいFK
・山本康裕選手ハットトリック
・阿部選手ベテランの技の冴えにサポ熱狂
・松岡選手投入にサポ沸騰
・何度か外すも、貫録の前田選手ゴール

などなど、見どころの多い試合であった。

なんとかこの勢いをリーグに持ち込めるといいのだけれど、今日はただ喜びたい。



22:22 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)