Jubilove!

「サッカーみるみる」ジュビロ磐田応援日記。
<< 中山選手、秀人選手、ありがとう。 | TOP | 財政難(?)により戦力外 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
いやな季節が来る
  前田選手にガンバ大阪がオファーするのではないか、との報道がある。
 個人的な感情を言わせてもらえば、絶対に行ってほしくはない。

  私がジュビロ磐田を好きになったのは、「おおっ」があったからだった。とくに心をつかまれたのは、2005年のホーム、雨のセレッソ戦だった。川口能活選手の気迫こもったスーパーセーブと前田遼一選手のビューティフル・ゴールで一挙にトリコになった。
 この二人のプレーに感動したことが、サポーターズクラブに入会する大きな動機だった。

 その、魅力の一角が、今…。

 決断するのは本人なのだからやるせないが、サポーターとしては磐田で躍動する前田選手を見ていたい。それはゆるがない。今までも、これからも、ずっと。

 しかし、これまでの…今年の戦績を見ていると来季への不安がこみ上げてくるのも事実である。内山・元・監督の采配時、交代するたびに弱体化してしまうチームを見てやはりJ経験のない監督では厳しいのか、と感じた。
 そしてオフト緊急救命監督を経て、柳下監督が就任したが、試合を見て感じるモヤモヤ・イライラが消えることはなかった。

 どうにも穴があるように見えるのだが…私だけではなくブログや某掲示板などでも同意見が多々あったのだが、監督はチームの巨大な穴が見えていないようなのであった。穴が穴と感じられないのも不思議だったが、穴ではなく美点としてとらえているかのようなコメントが出るのも不可解であった。これは来年度も継続されるのだろうか。あからさまな弱点を補強しないまま、また残留への苦戦が続くのだろうか。もしもそうだとしたら…。


 まだ、今年はコルテアズーパーティへの参加ハガキを出していない。愉しむ気持ちになれるかどうか、微妙なところだからだ。そして、継続してきたシーズンチケット購入も検討中だ。全ては、ホーム最終戦を見てから決断したいと思う。 
18:32 | ジュビロニュースに一言 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
18:32 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://jubilove.jugem.jp/trackback/757
トラックバック