Jubilove!

「サッカーみるみる」ジュビロ磐田応援日記。
<< 鹿島アントラーズ戦、敗戦 | TOP | 最終節、大分戦は久々の勝利。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ベガルタ仙台戦、ドロー
rps20131005_182422.jpg
怪我人続出で、厳しい台所事情の磐田。
気合い入りまくりで、前半はポストの活躍もありピンチをよくしのいだ。

しかし、チャンスを逃し続けて攻め疲れたところをアッサリやられるのも、いつもの磐田。

後半、ミチ選手の強気なキープからチャンスが生まれ、前田さんがようやくゴールするも、1-1のドローにとどまった。

残念だが攻撃に精細を欠き、守備はもろくて、今の磐田は弱い。この勝ち点もむべなるかなである。
シーズン終了時、強化部の責任を問わねばならないだろう。

しかし、今日に限らず審判が酷い。
真に危険なファールはとらず、負傷者がピッチに横たわっていても流し続けるとは、猛省を促したい。

後ろから削られた山本康選手が心配だし、敵ながら、スライディングを受けて傷んだウィルソン選手も気になる。

主審は試合を裁けていなかった。


18:35 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
18:35 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://jubilove.jugem.jp/trackback/922
トラックバック