Jubilove!

「サッカーみるみる」ジュビロ磐田応援日記。
<< ショックなニュース | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
カミンスキー選手はすごいぞ(栃木戦)
rps20150401_205707.jpg
ものすごーくひっさびさにヤマハスタジアムへ行ったよ!
明治安田生命リーグ。
仕事後、平日夕方に駆け付けると、そこには美しいピッチが広がっていた。
やっぱいいなあ、ヤマハスタジアムは。
rps20150401_182028.jpg
試合内容はアダイウトン選手のビューティフル・ヘッドでうれしい先制点GETの後、いやな均衡が続いた。
何度かヒヤリとさせられたが、栃木の攻撃の精度の低さに助けられた。
シュートまでもっていかれるけど、枠をそれてくれた!みたいな。

栃木はクリアのとき、鹿島がJ1でよくやってたみたいに味方につなげる(*)のではなく、すぐライン外に蹴り出すみたいなのも目立っていた。
バカ蹴りクリアもセーフティ第一ではアリなんだが、蹴り出すたびに磐田ボールになってくれるから、そこはやりやすかったのではないだろうか(なんとなく)。

ただ、栃木のタテに速くて鋭い攻撃は脅威で、ラストの精度上がったら心底恐ろしいと思った。
rps20150401_212758.jpg
途中出場の中村選手とアダイウトン選手も矢継ぎ早に決めてくれて、スタはお祭り状態。
アウェイには申し訳ないが、無失点もうれしい。

(*)この日、最も驚いたのはカミンスキーGKの高い能力。
精度あるフィード、果敢な飛び出し、着実なキャッチなど技術の高いセービング、そのプレーのしなやかさは往年の川口能活選手がデカくなって帰って来たかのようだった。
ピンチからチャンスを作り出す、すばらしいプレーの宝庫だった。
彼はまさしくJ1、いやそれ以上のステージに値する選手だろう。でも強奪はいやよ。

そして、アダイウトン選手にも目をみはった。
ここ一番でのゴール能力に加え、献身的な走りと守備。
まるで、ジウソンがデカくなって帰ってきたかのようだった。
日本のサッカーにも合うプレースタイルで、これから伸びそうな選手だ。でも強奪はいやよ。

外国人選手ばかり褒めたが、名波監督率いる今期のジュビロは日本人選手もよくまとまっているようで、雰囲気のいいのが見てとれて楽しかった。
まだ未完成なチームではあるが、一歩一歩勝利に向けて進んでいってほしいと思う。
そしてぜひ、今度はボッさんも見たいぞ!!(次にいつスタ行けるかわからないけれど…)


23:42 | 試合感想 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:42 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://jubilove.jugem.jp/trackback/933
トラックバック